パサつく髪の解消・アロマケア


乾燥で髪がパサつくお悩み。
また、これから暖かくなり紫外線による髪ダメージもケアしたい季節になりますね。

髪の傷みの主な原因は、、?

①パーマ&カラー
ヘアサロンでのカラー、パーマなどは髪の傷みの原因の一つです。
なるべく行く頻度を減らしたり、カラーやパーマの後にトリートメントなどのケアをするのが大切です。

② 熱や乾燥
毎日のドライヤーやコテなど、髪に熱を与えることも痛みの原因の一つです。
ドライヤーはなるべく離して使用しましょう。乾燥も髪の傷みの原因になるため、保湿がとても大切です。

③紫外線
頭皮は肌の何倍も紫外線を浴びています。
紫外線は髪のタンパク質を分解し、乾燥やキューティクルがはがれたり、髪の毛のパサつきやb変色の原因になります。

④生活習慣
食生活やストレスも髪のダメージの原因になります。良質のたんぱく質やミネラル、ビタミンが綺麗な髪には不可欠です。
魚介類や海藻類、緑黄色野菜、大豆系の食品は髪にいいとされています。
また、ストレスは頭皮に影響を与えるので、ストレスをため込まないことも大切です。

⑤毎日のケア
シャンプーやリンスの選び方や、髪の毛の乾かし方、ブラッシングのやり方など、毎日のケアが逆に髪のダメージを促進している場合があります。

 

今では髪の毛ケアのオイルがたくさん売られていますね。
これからご紹介するエッセンシャルオイルの効能を見ていただき、それらが入っているヘアオイルを購入していただくのももちろん◎
また、自分の好きな香りのアロマオイルを作り、髪の毛ケアもおすすめです。
精油にも髪に良い効能がたくさん入っていますので、ピックアップしてご紹介していきます⭐︎

おすすめの精油

保湿 カモミール、ティートリー
髪の強化 ラベンダー、レモン
頭皮脂質バランス調整 イランイラン、ゼラニウム、グレープフルーツ 

 

おすすめのキャリアオイル

比較的手を出しやすい2種類のご紹介です♪

・ホホバオイル
保湿効果の高いホホバオイルは髪を乾燥から守ります。キューティクルが剥がれて髪の水分が蒸発してしまうと髪のぱさつきの原因になりますね。キューティクルを保護して髪の水分を保つことで傷んだ髪に潤いを与えます。朝のヘアケアに髪に薄く塗っておくと、紫外線などのダメージからも髪を守ります。

・アルガンオイル
ビタミンEが豊富ですから、抗酸化力が強く、エイジングケアにも◎。とてもさらっとしたオイルでにおいもほとんどないので、髪に塗ってもなじみが良いです。熱に強いので、ドライヤーの熱からも髪を守ります。

 

ヘアオイルを手作りするために必要なものは、
植物油
エッセンシャルオイル(精油)
保存容器   この3つだけです。

お好みの植物油 30ml
お好みの精油 3滴 (精油濃度 約0.5%)
これらをよく振って混ぜ合わせるだけで完成です!

ヘアオイルを適量手にとり、タオルドライ後の髪になじませてドライヤーで乾かします。
※オイルをつけすぎるとベタつくので、まずは少量で試してください。

使い続けるうちに髪本来の美しさに近づき、お好きな香りによるリラックス効果も期待できるのが魅力です。
髪の悩みに合わせて、ぜひオリジナルのヘアオイルも作ってみてくださいね。

 

関連記事

  1. 寒暖差が原因の肩こり解消法

  2. 眼精疲労のケア

  3. 肩・首コリ解消★お家でできるケア

  4. 秋の気圧変化と対策

  5. 冬の水分不足 必要な水分量とは

  6. お正月太りをリセット~トレーニング~