タンパク質が美容にも欠かせない理由

筋肉量をアップさせるためになくてはならない栄養素であるタンパク質は、健康的な身体の維持や、ダイエットにも効果的です。そんなタンパク質は、美容を考えるうえでも必須ということをご存じでしょうか?
肌は日々外的・内的刺激を受けて変化を繰り返す臓器の一種です。肌の調子が悪くなった時にはスキンケアの見直しをすることも大切ですが、食生活を見直すことも必要な場合があります。

 

肌にとってのタンパク質の役割

「美容に必要な栄養素」というと、抗酸化のビタミンCや代謝促進のビタミンEなどをイメージするかと思います。ですが、肌の組織自体を作ってくれるのはタンパク質のみなんです。タンパク質は、筋肉だけでなく肌、髪、爪など、美容に関わる組織を作ってくれる栄養素です。肌がしぼんだり、髪が細くなったり、爪が乾燥して割れやすくなったと感じたら、タンパク質が不足しているかもしれません。

また美容を意識して食事メニューを減らしたり、スタイルキープの為に定期的な運動をしている方は特にタンパク質が不足しやすいです。筋肉は、全体量を維持するために日々合成と分解を繰り返しています。その為、運動していない方よりも多く摂取し続ける必要がります。
美容の為に運動しているのに肌のハリがしぼんでしまってはもったいないですね。毎食必要なたんぱく質を摂って、美肌もスタイルも維持していきましょう。

美肌に大切なコラーゲンもタンパク質

美容を語るうえでコラーゲンは欠かせません。ハリ・ツヤ・弾力に必要なコラーゲンもタンパク質で出来ています。肌は表層から、表皮・真皮・皮下組織の三層に分かれています。皮膚のハリや弾力を生み出しているのは、真皮層にあるコラーゲン(膠原繊維)とエラスチン(弾性繊維)ですが、どちらもタンパク質で出来ています。
真皮層の中で、コラーゲンは網の役割、エラスチンは網目をつなぐ役割をしています。加齢により肌の弾力が失われるのはコラーゲンやエラスチンが壊れていくため。しわや乾燥の一因にもなります。

とはいえ、コラーゲンを食べたり飲んだりすれば補われるというわけではありません。
直接コラーゲンをとっても、皮膚まで行き届かないことがほとんど。それよりも、コラーゲンのもとになる良質なタンパク質を摂る方が効果的です。
また、タンパク質からコラーゲンを生成する際に必要になるのがビタミンCと鉄分です。

それぞれの栄養素を含む食べ物

【タンパク質】
肉・魚・卵・大豆製品・牛乳など

【ビタミンC】
ピーマン・ブロッコリー・芽キャベツ・レモンなど

【鉄分】
レバー・あさり・牡蠣・小松菜・ひじきなど

これらをバランスよく取り入れてメニューを考えてみてください(^^)

関連記事

  1. 【16時間断食】で内側からアンチエイジング

  2. 自律神経の乱れは食べて改善しよう【腸内環境編】

  3. 酵素で身体を健康に

  4. ダイエット+美容効果を得る食べ物

  5. 果物による美容効果

  6. タンパク質の必要性