春の旬な食材 栄養素について


桜が咲き始め、春を感じる季節になってきましたね。
春の毎日の食事で、季節を感じることも大切です。

スーパーなどには一年中、たくさんの食材が並んでいますが、食材には旬があります。

四季れぞれの旬の食材は、1番生き生きとしていて、1番おいしく食べられる時期のことで
栄養もたっぷり含まれています。

春が旬の野菜には、独特の香りや苦味があります。
この香りや苦味には冬の間に溜まった老廃物を出してくれたり
抗酸化作用で体の老化を防いでくれます。

 

~春野菜の栄養一覧~

  • アスパラガス
    アミノ酸の一種のアスパラギン酸が多く含まれており、疲労回復に効果がある。
  • たけのこ
    カリウムが豊富で体の余分な塩分を排出してくれる。
  • キャベツ
    ビタミンUはキャベツから発見されたビタミンで胃粘膜を丈夫にし、胃炎や胃潰瘍を予防する。
    ビタミンC含有量は淡色野菜ではトップクラス
  • ふきのとう
    アルカノイドは肝機能を強化し、新陳代謝を促進します。
    また、ケンフェールは活性酸素などの発ガン物質を抑制する効果があります。
  • セロリ
    セロリの独特な香りはアピイン、テルペンなどによるもの。神経を鎮め、食物繊維が便秘を改善に有効
  • 菜の花
    ビタミンやミネラル類、食物繊維が豊富で、貧血や高血圧の予防や便秘改善などに役立ちます。
    独特な苦味は、イソチオシアネートというもので
    血液をサラサラにする効果があります。
     

    春の始まりと同時に、新生活で環境が変わったりなど
    忙しく過ごしている方も多いのではないでしょうか?

    季節の変わり目で、なんだかボーっとしてしまう。
    疲れやすいな。と感じる方も多いです。
    身体の不調を整えるためにも規則正しい生活と正しく栄養をとり、

    免疫アップでこの春も乗り越えていきましょう★

関連記事

  1. 冬に必要な免疫アップ食材

  2. ダイエット+美容効果を得る食べ物

  3. ノンカフェインハーブティーで温活を

  4. 健康にも美容にも嬉しい『しいたけ』の効果

  5. 腸内環境改善~自律神経との関係~

  6. 【16時間断食】で内側からアンチエイジング