寒くなる時期に必要なビタミン

 

冬にかけて寒くなる時期に人間は身体を温めようとたくさん栄養を必要とし、
寒さに対抗するために多くのエネルギーを消費します。

生命活動を維持するのに不可欠な栄養素、ビタミンB、C
皮膚や粘膜の健康維持を助けて、高い抗酸化作用をもつので免疫力を高めて病気やストレスからも守ってくれます。
そのためビタミンB、Cが不足すると、寒さや乾燥、細菌などに対する抵抗力が低下してしまいます。

食欲の秋が来て、ついつい食べすぎてしまい
この時期にダイエットの為にカロリー制限をしているというのであれば、
尚更気をつけましょう◎

・ビタミンC
ビタミンCは、エネルギーを作り出すのに欠かせないビタミンです。
抗酸化作用や体内に入った異物を解毒する作用があるため、冬は特に意識して摂りたい栄養素です。
主に、果物や野菜類に多く含まれています。
みかん・キウイフルーツ・イチゴなど冬が旬の果物を摂りいれてみましょう。

・ビタミンB群
人は寒さを感じると、体内では熱を作り出すために交感神経を働かせてビタミンB₁やB₆を消費します。
また、エネルギーを作り出す糖・たんぱく質・脂質の代謝にも関与している為、
冬場はビタミンB群の消費量が増える傾向にあるのです。
ビタミンB群を多く含む豚肉・豚レバー・牛レバー・うなぎ・マグロ・サバ・アサリなどを積極的に摂りましょう。

 

ビタミンC、Bが不足すると、、?

・カサカサで、かゆくなるようなお肌の乾燥
・寝ても取れない疲れ
・まぶたがピクピクと動き痙攣する
・口内炎ができる など

こういった症状がある方や、もちろん予防にも。
健やかに過ごすためにも、積極的に必要な栄養素ビタミンを生活の中に取り入れていきましょう♪

 

 

関連記事

  1. セルライト改善、もみほぐし体ケア

  2. 身体を温める温活について

  3. ハンドトリートメントの効果

  4. 美肌になれる 質の良い睡眠

  5. ダイエットに効果的な有酸素運動

  6. アロマを活用して花粉症対策