春のダイエット、腹筋編


温かい陽気になり、肌を出す機会も多くなりますね。筋トレや運動をしたい‼︎と思ってる方も多いのではないでしょうか。
健康的で美しいしなやかなボディをつくるには、腹筋は大変重要です。

結論から言うと、体の移動(歩く・走る等)に腹筋が必要だからです。

腹筋が衰えると、、
歩くときは腹筋と背筋で姿勢を安定させて上半身を支えているので、腹筋が弱いと上半身を安定させにくくなります。
その結果、猫背になり歩く姿勢もきれいではなくなります。そうなると、転ぶリスクも増えます。

背筋も同様に重要ですが、背筋より腹筋のほうがたるみやすいので、より意識する必要があります。
腹筋に限らず筋肉量は大人になると年々必ず減っていくので、筋肉量が減ると基礎代謝も減り、太りやすくなります。。
普段腹筋を意識していない方は、健康を考えて腹筋を意識しましょう。

 

お腹に付く脂肪は2種類ある
皮下脂肪とは、皮膚と筋肉の間にある脂肪のことです。
皮下脂肪は女性に付きやすく、内臓脂肪は男性に付きやすいといわれています。

女性の場合は特に下半身(お尻・太ももなど)に皮下脂肪が蓄積しやすいです。
内蔵脂肪とは、名前のとおり内蔵のまわりに付着する脂肪のことです。
お腹だけが大きく膨らんでいるという方は、内蔵脂肪が蓄積されている可能性が高いでしょう。
糖質・脂質の多い食事を日常的に続けていると、内臓脂肪が蓄積され、内臓の機能が衰えてしまいます。。


お腹をスリムにするための方法には、以下のようなものが挙げられます。

・筋トレで筋肉量・基礎代謝量をアップさせる
・有酸素運動で脂肪を燃焼する
・食べ過ぎに気を付ける
・低糖質・低脂質・高たんぱくな食事を摂る
正しい姿勢を意識する
・便秘・冷え・むくみを解消する
・マッサージ・ストレッチ・ヨガを行なう
・痩身エステサロンに通う

 

腹筋を鍛えることで得るたくさんのメリット

<脂肪がつきにくい身体になる>
腹筋を始めとするインナーマッスルを鍛えれば、失われた筋肉量や基礎代謝量を取り戻します。
筋肉量が多い人ほど消費するエネルギーは多くなるのでダイエットにもつながります。

<腰痛改善と姿勢矯正>
腹筋がつくことで体を支える力がつきます。
よってピンと伸ばした姿勢を保つので腰の負担も減り、歩行時や立ち姿も綺麗に◎

くびれとバストアップ>
美しいくびれを作るためのポイントは、腸腰筋(ちょうようきん)にあります。
ここをしっかりと鍛えれば、骨盤や内臓の位置が矯正され、ウエストの大幅ダウンに繋がるのです。
猫背はバストアップの大敵です、正しい姿勢がキープできれば豊かなバストへの近道にも◎

 

お腹の筋肉は、身体の健康や美しい身体を作るために必要不可欠ですね。
腹筋を鍛えて健康ボディを目指しましょう♪

関連記事

  1. 女性の筋力アップ、食事とトレーニング

  2. トレーニング~太もも~

  3. 暑さによる身体の不調

  4. 代謝アップで脂肪燃焼

  5. 夏にむけて!脚痩せストレッチの重要性

  6. 睡眠不足解消~アロマケア~