春に向けてダイエット~食事編~

 

薄着になってくるにつれて気になるのが、冬の間についてしまった二の腕やお腹周りの脂肪。
寒さに負けてあまり動かずに運動不足や体重が増加してしまった、、という方も多いのではないでしょうか。

実は春はダイエットにうってつけの季節なんです。夏に肌を出すお洋服に変わるのでオシャレをモチベーションにダイエットで体を引き締めることで、春夏の軽やかなファッションをより一層楽しむこともできます★
夏に向けて理想の体型を手に入れることを目標にすると、モチベーションを維持しやすいですね◎
そんな春ダイエットのポイントをお伝えしていきます。

 

春は多くの動植物が活動期に入る季節です。よって冬の間に体に溜まった余分なものを体外に排出し、体に刺激を与えて目覚めさせることがこの時期重要で、苦味のある山菜や野草や春野菜を食べることが効果的とされています。

また春の山菜や春野菜には、独特の苦味を持つものが多いことも特徴です。
この苦味の主成分は、ポリフェノール植物性アルカロイドと呼ばれる成分で、様々な働きがあります。

・ポリフェノール・・抗酸化作用 体の様々な老化を防止する作用

・アルカロイドは・・体のデトックス 新陳代謝の促進

これによりやせやすい体づくりに役立つとされています。


さらに、苦味のある野菜類は、ビタミンCも豊富に含まれているという傾向があります。
ビタミンCには風邪の予防にはもちろん、春から強くなってくる紫外線対策にもなってくれます。
健康だけでなく美容にとっても欠かせない旬の春野菜です。

・タケノコ
食物繊維が豊富で、コレステロールや血糖値の上昇を抑える働きがあり、むくみ改善にも役立ちます。

・菜の花
ほんのりした苦みの成分が血行を良くし、代謝アップを助けます。花芽を食べるのは、花粉症の症状緩和にも良いとされています。

・春キャベツ
ビタミンCを多く含み、代謝促進のほか、美白効果も期待できます。

・フキやアスパラガス
代謝をアップでダイエットに役立ちます。

・ふきのとうやせり
胃腸の働きをととのえ消化機能を助ける、肝機能の活性化

 

春は生活パターンの変化が多い季節です。また、新年度が始まるということで、気持ちを新たに何かを始めたいという心理にもなりやすくなります。
なのでダイエットにメンタル面が与える影響は大きいもの。
ただ、無理した食事制限などは返ってお肌に悪かったり、代謝をしにくくなるのでNGです。

ストレスを溜めない程度に始めてみましょう♪
朝起きたら1番に白湯を飲む、朝食をしっかりと食べるなどで内臓を温め、痩せやすい体作りから入ると良いですね。

 

 

関連記事

  1. 冷えと疲れをリセット!栄養について

  2. タンパク質が美容にも欠かせない理由

  3. 【16時間断食】で内側からアンチエイジング

  4. 健康にも美容にも嬉しい『しいたけ』の効果

  5. 年末年始の大敵 肌荒れ解消法! 栄養と肌の関係とは?

  6. 自律神経の乱れは食べて改善しよう!【食べ方編】