冬の寒さ対策~アロマの効果~

身体が冷えるとさまざまな不調がでてきやすくなりますね。
寒さ対策にアロマテラピーを活用★★

おすすめのエッセンシャルオイル(精油)をご紹介していきます。

ジュニパーベリー <冷えの改善>
清々しい香りのジュニパーベリーは、体を温める作用に長けています。
浄化力が高いことも大きな特徴で、不要な水分の排出を助けてくれるほか、ネガティブな感情や思考まで浄化してくれるようです。

・ベルガモット•マンダリン <柑橘系で安眠効果>
2つとも比較的香りが穏やかで、ミカンのような甘い香りに癒されます。
子どものための精油と言われているほど作用も穏やかで、・・特に安眠効果が期待できます。

ティートリー <免疫力アップ&ウィルス対策>
特にオーストラリアやニュージーランドで自生するティートリーの葉から抽出されるエッセンシャルオイルは、呼吸器機能や免疫力を高めるとされています。

フランキンセンス <深いリラックス効果>
別名「乳香」とも呼ばれるフランキンセンスは、様々な文明で宗教儀式に使われてきた神聖な香りです。特に鎮静効果に優れ、呼吸を深めることで胸部の緊張をほぐしてくれます。

ユーカリ <空気をリフレッシュ>
呼吸器系に関わる肺の気を補うとされ、優れた抗菌、抗ウィルス作用で感染予防。また、花粉症対策にも役立つと言われています。


~おすすめのアロマテラピーの活用方法~
入浴
40度前後のぬるめのお湯にお好きな精油を5滴ほどたらし、しっかりかき混ぜます。ゆっくりと半身浴することにより体を芯から温め、特に安眠効果も期待できます。

好きな香りでマッサージ
冷えが蓄積されると、体の様々なところに不調が現れやすくなります。
植物油(キャリアオイル)に精油を数滴垂らし混ぜて作ったマッサージオイルで、手足や体の末端、下腹部などを優しく撫でたりゆっくり指圧でマッサージしてあげると、体全体が温まりリラックス効果も得られます。

寒さだけでなく、心のケアも大切に。 植物の力を借りて、寒い冬も健やかで快適に過ごせるといいですね。

 

 

関連記事

  1. 自律神経の乱れは食べて改善しよう【腸内環境編】

  2. エイジングケアにもなる『正しい頭皮ケア』

  3. 色を使って健康的に過ごす方法

  4. 【胃腸の働きを助けるアロマ】おすすめ4種類

  5. 肌をトリートメントすると心が安らぐ理由は“皮脳同根”

  6. ストレスホルモン解消方法