酵素で身体を健康に

 

酵素とはたんぱく質のことで、酵素には消化酵素・代謝酵素・食物酵素の
3つの種類に分類されています。

⭐︎消化酵素
食べ物を消化した後に栄養素に分解し、小腸に吸収に繋ぐ働きのある酵素で、たんぱく質をアミノ酸に分解する働きのある「プロテアーゼ」や、ご飯やパンを分解する「アミラーゼ」、そして脂肪を分解する「リパーゼ」など、いくつかの種類が存在しています。

⭐︎代謝酵素
消化酵素によって吸収された栄養素を体内で働かせ、呼吸や運動、肌の新陳代謝、老廃物の排出、ケガの改善など生きていくために必要な働きはすべて代謝酵素が担っています。
体内酵素である消化酵素と代謝酵素は、食生活の乱れやストレス、そして年齢を重ねるとともに減少してきますが、この2つの体内酵素を補うことができるのが食物酵素です。

⭐︎食物酵素
消化酵素と代謝酵素と違って食材に含まれている酵素です。食物酵素を摂ることで消化酵素や代謝酵素を活性化する働きが期待でき、酵素不足を補うには食物酵素の摂取が鍵となります。
食物酵素を摂ると、代謝が活発になり肌の新陳代謝も正常化されて老廃物の排出を促してくれます。便秘やストレスなどによる腸内環境の乱れは肌荒れ等の原因になります。発酵食品を摂ることで腸内環境の改善が期待できます。

 

日本人はみそ汁、ぬか漬け、納豆や和食など発酵食品を好んで食べていました。
ですが現代は忙しく働く人も多い中、手軽に買って食べれるコンビニ食品などで済ませることが多く、生活習慣の乱れにつながり また、日本人の和食離れが進んでいると言われています。

 

では酵素を効果的に取り入れるポイントとは、、

⭐︎生の野菜を摂る
野菜をすりおろして細かく砕かくことで、細胞の中に封じ込まれていた酵素が外に溢れ出し、そのまま摂取するよりも効果的に酵素を吸収することができます。
例えば大根をすりおろすと透明な汁が沢山出ますが、このときに出る汁この中に酵素が豊富に含まれており、通常よりも何倍もの酵素を摂取することが可能です。

⭐︎味噌の味付けに
肉や魚を食べる際は、発酵食品である味噌を使った味噌漬けにすることで、味噌に含まれたプロテアーゼによってたんぱく質がアミノ酸に分解され、アミノ酸を体内にスムーズに吸収することができます。

⭐︎できるだけ生で
酵素は熱に弱く加熱すると破壊されてしまいます。
また、冷凍食品には酵素がほとんど含まれていません。

 

体内酵素の減少を抑え、活性化させるにはバランスの良い食生活が重要です。毎日規則正しい食生活をしていても、もっと効率的に酵素をとれる方法はないか、、
そんなときに活用したいのが、
酵素が入っているドリンクサプリメントです。

中でも酵素ドリンクは、数十種類以上の新鮮な野菜やフルーツなどの素材を発酵し抽出させて作られてます。
一度に数十種類の食材を食材を凝縮した酵素ドリンクならジュースを飲むような感覚で、ビタミンミネラル、アミノ酸といった豊富な栄養素を一度で体内にスムーズに取り入れることができますので、美容効果デトックス効果を素早く期待できます。

酵素はお肌の調子だけでなく身体の内側 健康にも関わり、大切な栄養素であるということをお話しさせていただきました。
年齢を重ねると共に、気にかけていきたいですね★

 

 

関連記事

  1. タンパク質の必要性

  2. 【16時間断食】で内側からアンチエイジング

  3. 自律神経の乱れは食べて改善しよう【腸内環境編】

  4. 秋の旬の食材で健康ケア

  5. 果物による美容効果

  6. 健康にも美容にも嬉しい『しいたけ』の効果