代謝アップで脂肪燃焼

年齢が上がるごとにダイエットで体重や体脂肪を落とすのって難しいですよね。

いつもと変わらない食事なのにいつの間にか1年で体重が増えてる。。という事もあります。

 

 

年齢が上がるごとに昔やっていたダイエット方法では

通用しなくなってくるのは《代謝》が影響しているんです。

この代謝とダイエットの関係を今日はお話させて頂きます。

 

 

 

代謝とは?

人間は1日で勝手に消費してくれるカロリー(基礎代謝)というものがあります。

基礎代謝は生命を維持するために体が呼吸をしたり内臓を動かしたりと自然に働くエネルギーの事です。

女性は1日約1,200キロカロリーを消費するという研究データがあります。

 

ですが、この基礎代謝は生活習慣や筋肉量の低下など年齢によって代謝が低下っしてしまいます。

 

 

ですが、基礎代謝はあげる事も可能です!

 

この基礎代謝がアップすれば身体の脂肪燃焼効果も高くなって太りにくい身体を創っていくことが出来ます。

 

 

 

 

代謝アップで脂肪燃焼の方法

 

まず基礎代謝を上げるためには身体の脂肪や老廃物を燃焼、

排せつするために必要な筋肉量を落とさない事が大切です。

 

その為に筋力トレーニング【ウエイトトレーニング、加圧トレーニング、体幹トレーニング】などの

無酸素運動と

【水泳、ウォーキング、ランニング、山登り】などの

有酸素運動を

組み合わせで筋力アップをすることが大切です。

 

 

また、ストレッチは筋肉の可動域の幅を広げるため

日々の生活で動く筋肉量が増えることで代謝アップにつながるので

朝起きたら、寝る前になど身体の柔軟を作りましょう!

 

 

 

無理なく1週間のうちに2-3回はできる運動を続ける、

ストレッチは1分でいいので毎日など無理ない目標を立てて生活に組み入れて見てください。

 

 

身体の皮膚は約4週間、細胞は約2-3カ月、骨は約半年をかけて生まれ変わります。

 

それだけ身体の代謝を上げるにも

時間がかかるので長い目で続けられる運動とストレッチを続ける事が大切ですね(^^)/

 

 

また、脂肪燃焼には1キロ脂肪を落とすのに7200キロカロリーが必要とされています。

 

7200!! 大変。。。

数字パッと見ただけでが思ってしまうかもしれません。

 

ですが1カ月で考えると30日計算で1日240キロカロリーを消費すれば良いことになります。

・約3キロ歩くと150キロカロリーを消費

・お昼のおにぎり1個179キロカロリーを野菜スープに変える

それだけで329キロカロリーを消費したことになります。

 

細かく1か月、1日、1週間などの計算で考えると

数値目標も楽に考えられるので

一気に7200キロカロリーを消費しなきゃと

考えず食事でもそうなんですが地道にこつこつ燃焼していきましょう!

 

 

さらに脂肪燃焼を手助けする栄養素は、

カプサイシンや発酵食品、身体を温める黒豆やしょうがなどを

積極的に食べて燃えやすい身体つくりをしていきましょう!

 

 

 

 

 

代謝が高い=脂肪燃焼  してくれる身体になってくれる、

また健康を維持してくれる効果も高いです。

 

健康的で美ボディ! 日々のちょっとした意識改革してみてください。

 

 

 

最後まで読んで下さりありがとうございました。

関連記事

  1. ダイエットに効果的な有酸素運動

  2. 眼精疲労のケア

  3. セルライト改善、もみほぐし体ケア

  4. 梅雨の時期の浮腫ケアについて

  5. 暑さによる身体の不調

  6. 脚のむくみ原因と美脚ケアについて