寒い季節の乾燥→敏感を改善する方法

冬場は気温が低下し、空気が乾く季節。

暖かい季節は特にトラブルもないのに、寒くなると赤みや痒みが出て荒れてしまう…

季節による肌の乾燥トラブルの原因と、改善方法をご紹介します。

乾燥トラブルの原因

寒い季節になるたびに“乾燥→敏感肌”を繰り返す、そんな方は持って生まれた皮脂量が少ない傾向にあります。

  • 毛穴が小さい
  • 吹出物やニキビに悩まされない
  • きめが細かい
  • 化粧崩れが気にならない

基本的にはとてもきれいな肌をしています。

反面、肌の保護膜の役割をする皮脂が少ない状態でもあります。

寒さで毛穴が開きづらく空気が乾く冬場は、外気の影響を受けやすくなってしまいます。

皮膚のバリア機能が低下し、外的刺激・内的刺激に対して敏感に反応しやすくなってしまうため、赤みや痒みを引き起こします。

敏感状態の肌を改善させるために取り入れようとしがちなものが、『リッチな栄養クリーム』や『有効成分たっぷりの美容液』。

ここで気を付けていただきたいことは、敏感状態の肌にはあらゆるものが刺激になるということ。良かれと思って使用した特別な化粧品も、肌の機能が低下しているために反応を起こしやすくなります。

乾燥で肌が敏感状態の時のスキンケア方法

では肌が乾燥がひどく敏感状態の時にどのようなスキンケアを行うべきかというと、

シンプルケアを多めの量で。

特に赤みや痒みがある場合は、敏感肌用の低刺激タイプ化粧品を使うことをおすすめします。

水分を補う化粧水を十分な量つけ、せっかく入れた水分を逃がさないためにモイスチャーライザーを肌に乗せるように塗ります。

この時、モイスチャーライザーは一度にたくさんの量を塗るのではなく、適正量を重ね塗りしてください。

モイスチャーライザーを一度お顔全体に塗り、数分置いて乾いてきたらもう一度同量を重ねます。さらに乾く部分には、その部分にだけ少量を重ねてあげてください。

重ね塗りをしていく事で、均一ではなく肌の乾きやすい部分にも効率よく潤いを与えていくことが出来ます。

このようなシンプルケアで、まずは肌のコンデションを戻してあげることから始めてみてください。美容液や栄養価の高いクリームは、肌コンデションがを整えてから使う方が有効です。刺激にならず、化粧品本来の有効成分を肌がしっかりと取り入れることが出来ます。

 

 

関連記事

  1. 大人の美肌ケアに重要な『スキンケアの考え方』

  2. 肌をトリートメントすると心が安らぐ理由は“皮脳同根”

  3. 一年通して日焼け止めが必要な理由

  4. 健康にも美容にも嬉しい『しいたけ』の効果

  5. 花粉による肌トラブルを防ぐには

  6. 臓器としての肌の機能とスキンケアの関係