お肌に必要なビタミンとは?


「ビタミンは身体の健康に重要!」
ということは周知の事実ですが、
美肌をキープするためにも欠かせないビタミン栄養素です。

 

〜ビタミンについて〜

ビタミンには水に溶ける“水溶性ビタミン”
油脂に溶ける“脂溶性ビタミン”の2種類があります。

水溶性ビタミンは尿などから排泄されやすいため、
普段からこまめに摂取する必要があります。
水に溶けやすく熱に弱いといった特徴があるため、
水洗いや加熱調理で失われることがあるため注意が必要です。

一方で、脂溶性ビタミンは体の中に蓄積されやすいため、過剰摂取に注意が必要です。
脂溶性ビタミンは油脂に溶けるため、油で調理することで吸収がよくなります。

水溶性ビタミン・・・ビタミンB群とビタミンC
脂溶性ビタミン・・・ビタミンA、D、E、K


ビタミンC

ビタミンCといえばシミや美白のイメージがあるかと思いますが
実は肌のハリ・弾力の要ともいえるコラーゲンを生成するために必要なビタミンなのです。

ビタミンE
酸化防止作用のある脂溶性ビタミン。
酸化ダメージから細胞などを守ってくれる役割があります。
酸化は肌の老化の原因。
酸化を止める=老化を食い止める、ということにつながり
若々しい肌をキープする効果が期待できます。

ビタミンB群
8種類(ビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン)あります。
中でも美肌に効果があるとして注目されているのがビタミンB6、ナイアシン、パントテン酸の3つ。

ビタミンB6は肌の素ともいえるタンパク質をつくる働きがあります。
また、皮脂分泌をコントロールする役割もあるため
ニキビができやすい人やオイリー肌に悩む人は意識して摂取したい栄養素です。

 

これから春の訪れと同時に、ますます紫外線が強くなる時期に入ります。

365日日焼け止めを塗ることは必須条件ですが、
プラスでご自身に必要なビタミンを日常的に摂取することで
お肌を健康に保ち、かつ美白を保ちましょう♪♪

関連記事

  1. 老化の要因80%は紫外線ダメージ

  2. 花粉症お肌トラブル対策

  3. お肌の乾燥による影響

  4. 健康にも美容にも嬉しい『しいたけ』の効果

  5. 花粉による肌トラブルを防ぐには

  6. 冬の乾燥肌