夏の片頭痛


冷房や外の暑さによる寒暖差や目に入る強い日差しなど、夏ならではの頭痛の原因がたくさんあります。
今回は、いつもとは違う夏特有の頭痛の原因や予防対策法をお話ししていきます。

 

〜夏の頭痛の原因〜
・寒暖差
エアコン・気温差エアコンで冷やされた屋内には、快適などころか寒いくらいのところも。
そうすると、頭や首、肩の筋肉が緊張してしまい血の巡りが悪くなってしまいます。
それが、夏の頭痛の原因のひとつ。
また、屋内と屋外の温度差によって脳の血管が拡張すると、夏の頭痛を引き起こすきっかけになります。

強い日差し
夏の強い日差しを浴びたり、強い光が目に入ったりすると脳が刺激されてクラッとしたり
頭が痛くなったりすることがあります。

水分不足
夏は汗をかくため、体の水分を失いやすくなります。
水分不足になると血液がドロドロになりやすく、血の巡りが悪化して頭が痛くなってしまいます。
熱中症予防のためにも、夏の水分補給は意識的に行いたいですね。

 

〜頭痛の対策〜
痛い部分を冷やす
冷たいタオルをあてたり冷却シートなどで、痛いところを冷やしましょう。
患部を冷やすことでエアコンの冷えや気温差、日差しなどの影響で拡張した脳の血管を収縮させる効果があり頭痛がやわらぎます。

首や肩を温めてほぐす
緊張して固くなってしまった首や肩の筋肉を温めると、頭痛が緩和します。
温めた後に、軽くもんだり、首や肩をやさしく回すとさらにいいです◎

静かな場所でカフェインを摂る
頭が痛くなったら、静かな場所に移動して、体と頭を休めましょう。

その時に、コーヒーやお茶などを飲んでリラックスするとなおよいです。
カフェインには広がった血管を元に戻す作用があるため、頭痛を和らげるとされています。

身体が堪える暑さに疲れも感じやすいですね。
今一度偏頭痛の原因と対策を見直して、できることから取り入れてみてください♪

関連記事

  1. 代謝を上げるストレッチ~背中~

  2. 美肌になれる 質の良い睡眠

  3. 眼精疲労のケア

  4. 脚のむくみ原因と美脚ケアについて

  5. 寒くなる時期に必要なビタミン

  6. 代謝を上げるストレッチ~脚~