トレーニング~太もも~

 

太ももは3つの筋肉で構成されています。

1、大腿四頭筋
太ももの表にある大腿四頭筋。
「大腿直筋」「外側広筋」「内側広筋」「中間広筋」
という4つの筋肉が集まってできています。
股関節を曲げる・膝を伸ばすといった役割があり、日常生活では歩く・走る・ジャンプをするなどといった動きに使われます。

2、ハムストリング
ハムストリングは太ももの裏側にあり、
「大腿二頭筋」「半腱様筋」「半膜様筋」
という3つの筋肉でできています。
大腿四頭筋と反対の動きをし、股関節を伸ばしたり膝を曲げたりすることが役割です。
ダッシュやブレーキをかけるときによく使います。
大腿四頭筋に比べると筋力が弱く、刺激を送るのもなかなか難しい筋肉部位です!

3、内転筋
太ももの内側にある内転筋。
小さな筋肉ですが体の安定性を担う大切な部位なので鍛えるとメリットがたくさんあります。
股関節を動かしたり伸ばしたりする動きが役割で、日常生活のほとんどの動作に関係しています。
ここを鍛えると太ももの間に空間ができほっそりして見えて、
骨盤が安定するのでお腹に脂肪がつきにくくなります。

 

 

下半身を鍛えるメリットとは

ダイエット代謝アップ
カラダ全体で見ても、大きい筋肉は下半身に集中しています。
大きい筋肉が多いということは、トレーニングによって消費されるエネルギーも多いということ。

また、トレーニングによって筋肉量が増えれば基礎代謝も高まり、
太りにくく痩せやすい身体つくりが期待できます。
結果、ダイエットを効率よく進めることもできます。

 

疲れにくい身体作り
下半身の筋力が高まることによって、疲労を感じにくくなります。
立ちっぱなしだったり、歩いたりすることが多い仕事では、筋力が高まるだけで疲れにくくなるのを感じるはずです。

その他にも、重いものを床から持ち上げたり、階段を上り下りする。
とっさに力を発揮する場面でもカラダが動きます。
下半身を鍛えたことによって、日常の活動でも楽に感じる場面が増えることでしょう。

 

体幹も強化され姿勢改善
下半身のエクササイズは体幹に大きな刺激が入るものがたくさんあるほか、
大きい筋肉が多いため、他の部位のエクササイズと比べると高重量を扱うメニューも多いです。

たとえば重量を扱いながら行うスクワットでは、大腿四頭筋や大臀筋を刺激するだけでなく
正しいフォームを維持するためには体幹部の筋肉も意識する必要があります。
そのため体幹部にも大きな刺激が入り、体幹が鍛えられたことで姿勢がよくなるという効果も期待できます。
スタイルアップを狙う女性にもおすすめです◎


血流改善で冷え性改善
夏場でもエアコンの影響などで冷え性にお悩みの方が多いかもしれません。
冷えが起きる最大の原因は、血行不良。
筋肉量が少ない、あるいは運動量が少ないと、血行が悪くなってしまうのです。
下半身の大きな筋肉を鍛えれば、血流が改善されて冷えの軽減が期待できます。

 

肌の露出も増える夏がきましたね。
ぜひこの機会に、メリットがたくさんの下半身の筋肉を鍛えて
美脚を目指してはみませんか??

 

 

関連記事

  1. 脚のむくみ対策

  2. 春のダイエット、腹筋編

  3. 肩こり改善アロマトリートメント

  4. 朝のトレーニングで代謝アップ

  5. 代謝を上げるストレッチ~脚~

  6. 暑さによる身体の不調