この時期の乾燥肌をリセットするには


肌の乾燥に注意しなければならないのは、冬だけではありません。
実は高温多湿の夏でも、肌が乾燥してしまうリスクがたくさん潜んでいるんです。

夏こそ注意しなければならない夏特有の乾燥要因というのがたくさんあります。

 

〜乾燥する原因〜

・紫外線
紫外線には、A波やB波などの紫外線がふくまれています。
波長が長く肌への浸透力が高いUV-Aは、肌の深部へ届くのでハリを保つ成分が失われます。これによりしわ、たるみの原因になるとされています。
また、UV-Bは外での日焼けの主な要因となり、炎症を生じさせてしまいます。

・汗
汗の分泌は肌に塩分が残ると刺激になるので肌へのダメージとなり、肌の乾燥を招く原因となります。
喉の渇きや熱中症予防などにも気をつけなければいけない季節ですが、
お肌のためにもこまめな水分補給をし、汗はきちんと拭き取ることが大切です。

・不十分なスキンケア
紫外線の刺激によりダメージをうけた肌は、毎日のスキンケアで十分に肌にうるおいを与えることが重要です。
夏は化粧水のみ使用している、さっぱりと爽快感を得られるスキンケアアイテムばかり使っているなど、
保湿ケアが不足している場合はケアを見直してみると良いですね。

・エアコン
夏場には、使用が欠かせないエアコン。
特に冷房や除湿をする際は、室内の水分を外へ放出するため室内の湿度は下がります。
湿度が下がるともちろん肌の水分も奪われ、肌の乾燥を招きます。

・冷たい食べ物の摂取
暑くなると冷たい食べ物飲み物を摂取しがちで体を冷やしてしまいます。
体の冷えは、血行不良や基礎代謝の低下につながり、肌のターンオーバーが乱れやすくなります。

 

~乾燥ケアで意識したいこと~

・洗顔で汗、皮脂、汚れを洗い流す
汗や皮脂、メイク汚れ、古い角質などは、肌荒れを引き起こす要因になります。
日々丁寧にやさしく洗顔をすること。
ご自身に合ったスキンタイプのスキンケアをすることが大切です◎

・乾燥を予防する
洗顔後のたっぷり保湿。また、日焼けにより肌がダメージを受けている時は、
冷えたタオルなどで肌をクールダウンさせるといいでしょう。
ヒリつきは肌がダメージを受け、乾燥している証です。

・UVケアをする
夏の紫外線ダメージを防ぐために欠かせないUVケア。
外出前は日焼け止めを塗ること、UVカット成分が配合されたメイクアイテムを使用するなど、
十分にUVケアをして日焼けを防ぐようにしましょう。
また、帽子やサングラスなどの日焼けアイテムの着用もしてできるケアを行うようにしましょう。

 

夏にもお肌の乾燥トラブルを引き起こす複数の原因が潜んでいることがわかりました。
たっぷり保湿に気をつけた日々のスキンケアだけでなく、
食生活などの内側からのケアを習慣化してお肌を守りましょう♪

 

関連記事

  1. 健康にも美容にも嬉しい『しいたけ』の効果

  2. スキンケアの為に摂りたいビタミンについて

  3. 大人ニキビが悪化する原因と対策

  4. 一年通して日焼け止めが必要な理由

  5. 夏の紫外線リセット~美肌ケア~

  6. 寒い季節の乾燥→敏感を改善する方法