秋の旬の食材で健康ケア


食欲の秋という言葉がありますが、秋はたくさんの美味しい食材が旬をむかえます。
その旬を迎える食材に含まれる栄養で健康ケア、疲労回復が期待できます。早速紹介していきたいと思います♪

秋が旬の食材と言えば、キノコ類サツマイモが代表的です。

キノコ(マツタケ、シイタケ、シメジ、マイタケ、ナメコなど)
キノコに含まれる栄養素にはビタミンB群やビタミンD、カリウムなどさまざまあります。
特に舞茸にはBグルカンという水溶性食物繊維の一種が含まれていて、血糖値の上昇を防ぎコレストロールの排出を促します。また、糖質の消化・吸収を緩やかにしてくれるので体重が気になる方にもおすすめです。
他にも、ビタミンB群を詳しくご説明しますと

ビタミンB1・・・糖質の代謝をサポート。集中力・肩こり・疲労改善
ビタミンB2・・・脂質の代謝をサポート。皮膚や粘膜の健康維持。
ナイアシン(ビタミンB3)・・・脂質や糖質の分解をサポート。皮膚・粘膜の炎症を防ぐ
ビタミンB6・・・たんぱく質の代謝をサポート。肌や粘膜の健康維持・改善 など
このように、身体の健康維持にとって必要不可欠といえます。


・さつまいも
さつまいもの栄養素は、エネルギー源となる糖質が豊富で、他にも食物繊維ビタミンCがあります。

特にビタミンCは体内でさまざまな働きをする重要な栄養素です。

抗ストレス作用をもつホルモンの合成
鉄分の吸収
皮膚のメラニン色素の生成を抑える
日焼けを防ぐ作用
ストレスやかぜなどの病気に対する抵抗力を強める働きがあります。
ビタミンCは、疲れにくい体を作るために欠かせない栄養素です。

また、ビタミンB群やビタミンCなどの水溶性ビタミンは、体の中にためておくことができないため、こまめに摂取する必要があります。
旬の食材を取り入れて毎日の食事のなかで、意識して継続的に摂取しましょう。

関連記事

  1. 自律神経の乱れは食べて改善しよう【腸内環境編】

  2. タンパク質が美容にも欠かせない理由

  3. 冷えと疲れをリセット!栄養について

  4. 自律神経の乱れは食べて改善しよう!【食べ方編】

  5. 果物による美容効果

  6. 【16時間断食】で内側からアンチエイジング