紫外線による乾燥をうけた肌スキンケア

 

夏の紫外線を受けて弱ったお肌のケアについてお話ししていきたいと思います。
まず、紫外線によって起こる肌ダメージは以下にて詳しく説明していきます。

 ↓

色素沈着(シミ・くすみ)
紫外線による炎症がきっかけとなって、メラニン色素が過剰に生成されることが主な原因。
乾燥が進んでバリア機能が低下した肌は、代謝崩れてメラニン色素を含んだ余分な角質が増えていきます。
その結果、色素沈着につながります。

肌荒れ
繰り返し紫外線の刺激を受けていると、角質層が厚くなります。
肌の内部が隙間だらけになり潤いを保てなくなります。それが原因となり表面のキメが乱れて、ゴワつき・ザラつき・皮めくれなどの肌荒れ状態に。

ニキビ
乾燥が進むと余分な角質が肥厚し、毛穴を塞ぐコメドが発生。
紫外線を浴びて酸化した皮脂が、毛穴を刺激することもニキビの原因のひとつ。
その状態のまま紫外線を浴び続けると、ニキビの炎症が進んで症状悪化につながります。

シワ、たるみ
加齢トラブルであるシワ・たるみにも、紫外線と乾燥は深く関係しています。肌表面の小ジワは、表皮の主に水分不足によるもの。
また、肌のハリを保っているコラーゲン・エラスチンを破壊し、深いシワやたるみの原因に。。

 

ケア方法としましては

クレンジングはジェルタイプ

もし現状お肌のお悩みをかかえている方がいましたら、拭き取りタイプは避け、乳化剤が入っているクリームや乳液タイプも、乳化の際に痒みやかぶれが出やすいアイテムなので乾燥肌の人は避けましょう。
またオイルクレンジングは、Tゾーンの毛穴が気になっている場合には毛穴を余計に広げてしまう可能性があります。
そこで、肌の上での摩擦が少ないジェルタイプがおすすめです。つるっとした洗いあがりと刺激が少ないという点ではいちばん向いています。

洗顔は“擦らない”が鉄則

クレンジング同様、擦らないことが重要です。タオルやスポンジで洗うより、手でしっかり泡立てて優しく洗うこと。
油分が取れすぎてしまうニキビ肌用洗顔などを避けていただくと◎

保湿は十分に、シートマスクもOK

セラミドやヒアルロン酸入りのアイテムで十分にケアをしてください。また、シートマスクは乾燥するという説がありますが、水分を与えるという意味ではオススメです。
また、シートマスク後にケアをしないと水分がどんどん逃げて行ってしまいます。
マスクのあとはすぐにご自身にあったスキンタイプの化粧水と乳液を◎使用量を守りしっかりケアしましょう。


お肌はすごくデリケートなので、なるべく肌を刺激しないスキンケアが大切です。
健康な角質づくりをすることを意識してケアしていきましょう⭐︎

 

関連記事

  1. 小顔ケアでむくみ、たるみ改善をする方法は?

  2. 臓器としての肌の機能とスキンケアの関係

  3. 肌をトリートメントすると心が安らぐ理由は“皮脳同根”

  4. お肌の老化原因・対策

  5. 自然老化だけじゃない!肌を衰えさせる3つの原因と対処法

  6. 冬のカサカサ乾燥肌を改善するスキンケア法