お肌の老化原因・対策

自然老化以外でお肌に影響を及ぼす原因は大きく2つ 
・紫外線を浴びる ・大気汚染の付着があります。

紫外線には二つの波長があり

”A波 B波” が存在しています。
日焼け止めにはこれらをカットできる物が販売されているので、聞いたことがある方もいらっしゃると思います。

では、それぞれ肌にどんな悪影響を及ぼすのか、、、

A波
お肌の
真皮に影響
真皮のコラーゲンを分解
異常なエラスチン(コラーゲンを束ねる繊維)形成
フリーラジカルが発生して脂質を破壊

B波
お肌の表皮に影響
紫外線をあびると肌が炎症を起こす
水分を奪って乾燥する

これら2つにより、お肌に色素沈着が増えたり 細胞そのものへの
ダメージになります。よく夏の時期に強い紫外線を浴び続けて
肌がほてったり 肌が赤くなったり 乾燥して皮がむけてきたりする症状

があります。
これと同時に皮膚の内側では、メラニン色素(シミの原因)が形成されて皮膚を守ろうとします。

このメラニン色素シミ色素沈着の原因です。
本来であれば、メラニン色素のシミは 肌の生まれ変わりのサイクル
(ターンオーバー)によって外に排出されてなくなります。

ですが、年齢を重ねていく 又 スキンケアの仕方が間違っている 等

主にこれらにより正常なターンオーバーのサイクルが遅くなる
新しい元気な皮膚細胞が生まれ変わらなくなります。
皮膚にシミは沈着して同じ場所に居座ってしまいます。。。

●シミやクスミがトラブルとして出ない為には 

自分のスキンタイプに合ったスキンケアを使い、しっかり保湿
日焼け止めは30SPF以上のものを1年を通して肌に塗ること
食生活や生活習慣を見直し、ストレスを減らす

サプリメントや食事から、肌の代謝を促す
ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなどを積極的にとる

などが挙げられます。

シミの発生や悪化を防ぐためにも、
早めから予防と対策をしていきましょう!!

 

 

 

関連記事

  1. 一年通して日焼け止めが必要な理由

  2. 小顔ケアでむくみ、たるみ改善をする方法は?

  3. スキンケアの為に摂りたいビタミンについて

  4. 花粉による肌トラブルを防ぐには

  5. 自然老化だけじゃない!肌を衰えさせる3つの原因と対処法

  6. 冬のカサカサ乾燥肌を改善するスキンケア法