【16時間断食】で内側からアンチエイジング

16時間断食は、間欠的ファスティングとも言われています。最後に食べ物を口にしてから10時間経過すると、肝臓に蓄えられた糖が無くなり、代わりに脂肪が分解されエネルギーとして使われる仕組みを利用した方法です。

オートファジーを味方につける

空腹が16時間続くと【オートファジー】が働きます。これは、人体の古くなった細胞を内側から新しく生まれ変わらせる仕組みの事です。“自食作用”とも呼ばれており、壊れた細胞を綺麗に掃除してくれます。不要なものを材料に、新たなたんぱく質を作り、細胞がどんどん生まれ変わっていくため、肌のターンオーバーも促進され綺麗になります。内側からのアンチエイジング効果が得られる、肌にも体にも嬉しい働きです。

ちなみに、2016年に、東京工業大学の大隈良典栄誉教授がノーベル医学生理学賞を受け、世界的に注目された研究がこの【オートファジー】です。オートファジーは、身体や細胞が何らかの影響を受けても生き残れるように体内に組み込まれたシステムです。飢餓状態になった時こそ働きが活性化するため、食べないことでしか誘発できないそう。

16時間断食と集中して何日間か行う断食はどちらがいいのか?

食べない時間を増やすだけで身体へのメリットになるなら、集中的に3日間や一週間かけて行う断食の方が効果は高いのではないか?と思うかもしれません。断食そのものは、身体にとってよいものです。常に働きっぱなしの現代人の内臓を休めることになるからです。とはいえ、何日も食べずに過ごすこと自体が精神的に過酷でストレスになりますし、体力も消耗します。それよりも、毎日無理のない範囲で出来る16時間断食の方が普段のライフスタイルに取り入れやすいので、長く続けることが出来ます。継続は力なり、ですね。

8時間は何を食べてもOK

1日24時間-16時間=『8時間』が食事を摂っていい時間になります。
この8時間の中なら、基本的には何を食べてもOK!カロリー制限、糖質制限などのダイエット方法はなかなか続ける事に根気が必要ですし、リバウンドも起こりやすいのが難点です。その点、8時間は何を食べてもいいとなればストレスなく続けられそうですよね。

効果を早く出すためには、朝8時~夕方4時の8時間に設定することが理想です。とはいえ、この時間帯に合わせられる現代人は多くありません。
おすすめは12時~20時。朝食は抜いて、ランチを摂り、早めに夕食を終わらせる。このリズムであれば、睡眠の質を妨げることもないですし、8時間以内ならお酒も甘いものも摂ることが出来ます。無理にライフスタイルを変えるよりも、できる範囲で16時間の空腹時間を設けましょう。
物を食べない時間を長く確保するほど、血液中の糖質や脂質が減り、血液や血管の状態も改善され、体内の余計な脂肪が分解されてエネルギーになります。また、様々な悪玉ホルモンを分泌する内臓脂肪も落ちやすくなるなど、これらの効果は医学論文などでも証明されているそうです。

空腹の時間をつくることで、一日の総摂取カロリーが減ります。すると、筋肉量まで減ってしまう可能性があるため、軽い筋トレなども並行して行うことがおすすめです。
16時間の空腹に慣れない人が多いと思いますが、身体の中にオートファジーが現れ、働いてくれることで得られる恩恵をイメージすると、空腹を我慢できる気がしませんか?
健康が気になる方は、週に1回からでも試してみると、身体が軽くなるのを実感できますよ(^^)

関連記事

  1. 年末年始の大敵 肌荒れ解消法! 栄養と肌の関係とは?

  2. 冷えと疲れをリセット!栄養について

  3. 自律神経の乱れは食べて改善しよう!【食べ方編】

  4. タンパク質の必要性

  5. ダイエット+美容効果を得る食べ物

  6. 健康にも美容にも嬉しい『しいたけ』の効果