小顔ケアでむくみ、たるみ改善をする方法は?

こんにちは。

お顔の目元、ほほが前より太った感じがする。。。
いつも朝起きると目元のムクミが気になる。。。
フェイスラインがすっきりしない。。。
こんなお悩みを感じたことはありますか?

そんなお悩みの原因と小顔ケアの方法についてお話させていただきます。

お顔のむくみやたるみは、何によるものか原因を知っていますか?

たるみについて

たるみは皮膚深部の問題。
肌は大きく分けると《表皮》《真皮》《皮下組織》によって分かれています。
肌のハリや弾力は《真皮》内部で作られています。
真皮の中には若々しさを保つうえで大切なハリ、弾力をつくるためのエラスチン、コラーゲン、ヒアルロン酸が存在しています。
皆さん聞いたことがある美容成分だと思います。

 

その3つの美容効果は?
エラスチン→肌弾力を作る
コラーゲン→繊維質になっていて肌を柱にように支えているハリを作る
ヒアルロン酸→上記の2つの間をうめている弾力成分

この3つの成分は年齢や紫外線によって日々減少し、

また質が悪くなっていく事で固い繊維(架橋結合)になってしまう性質があり

それが皮膚表面に現れて(たるみ)の原因となるのです。

 

たるみを改善するには?
1. 日々のスキンケア
たるみは年齢や紫外線による事が原因と先ほどあげましたが、

まずは紫外線から肌を守るために1年中(日焼け止め)を使用しましょう。

特に日焼け止めは化粧下地に入っているものではなく!
単体で日焼け止め製品を使用することで、

日焼け止め効果が肌の上で発揮しUVケアができます。
またSPF50以上を首から顔で使用していきましょう!

 

 

2、顔の筋トレ
身体同様で筋肉を鍛える事、緩める事のバランスが重要です。

鍛える事と緩めること、どちらかが偏れば疲労となって

筋肉は固くなるたるみの原因になりやすいです。

洗顔中などに摩擦をあたえない状況で眼輪筋や口輪筋の周りを大きく動かしたり

手で直接マッサージする事をおススメします。

日々のたるみケアぜひ実践してみてください。

 

 

ムクミにつて

顔のむくみの原因は、日常生活で同じ顔筋しか動かさない事でうごいていない筋肉が固くなり筋肉の周りの血流やリンパの流れが滞りいらない老廃物よ水分が細胞のまわりにかたまりムクミとなって表れる
乳酸疲労物質がたまり筋肉が固くなることもムクミ原因になる

 

顔の水分循環やリンパの流れをよくしてスッキリ小顔になるためのケアは?

1、顔の筋トレ
身体同様で筋肉を鍛える事、緩める事のバランスが重要です。

鍛える事と緩めること、どちらかが偏れば疲労となって筋肉は固くなるたるみの原因になりやすいです。

洗顔中などに摩擦をあたえない状況で

眼輪筋や口輪筋の周りを大きく動かしたり、手で直接マッサージする事をおススメします。

また、首や肩を温め、血流をよくすることで顔の水分代謝をあげる

 

 

2、日々の生活習慣
顔の筋肉を固くさせないケアとして
水分とリンパの流れをよくるために身体をひやさない
首や肩のこりをほぐすセルフマッサージをする

 

食事では顔の血流循環や皮膚の健康に直結する腸内環境を良くすることを

小顔ケアには大切ですので、黒豆茶や豆乳などの身体や内臓を温める食材を積極的に食べることもオススメです。

 

 

ぜひ朝からスッキリ小顔を目指してむくみケアをされてみてください!
最後まで読んでくださりありがとうございました。

関連記事

  1. 肌をトリートメントすると心が安らぐ理由は“皮脳同根”

  2. 寒い季節の乾燥→敏感を改善する方法

  3. 大人の美肌ケアに重要な『スキンケアの考え方』

  4. 臓器としての肌の機能とスキンケアの関係

  5. 冬のカサカサ乾燥肌を改善するスキンケア法

  6. 紫外線による乾燥をうけた肌スキンケア