冬のカサカサ乾燥肌を改善するスキンケア法

寒さを感じるこの時期、いきなり肌も乾燥でざらつきを感じたりしますよね・・・。
でも、なぜ冬になると肌がざらついたり、粉を吹き肌のトラブルになるのでしょうか?

 

カサカサ乾燥肌の原因?

健康的な肌には3つのバランスが必要になります。
① 水分
② 皮脂
③ 常在菌

 

このバランスが均等なほど自然と肌は安定し、美肌を創り続けられるんです。
ですが、特にこの冬の時期は①と②が気温や湿度の低下が刺激となってバランスが崩れやすくなります。

ここに人によって違うスキンタイプも関係し、オイルドライやノーマルドライ肌の方はこの季節は肌の水分量が低下して

バリアの機能が弱ってきてしまいカサカサ肌が出来てしまうのです。

そうならない為に。。。

 

〇冬に行うスキンケア法〇

皆さんは1年間の中でスキンケア製品を季節に合わせて変えていますか?

20代からずーっと同じスキンケア製品を使っています。

最初は肌が落ち着いてトラブルがなかったけど、最近冬になるとカサカサが改善されなくて困るんです。

このようなお話をカンセリング時によく聞くのですが、

 

スキンケアの基本は!

1年間の中で季節に合わせた自分の肌にあうスキンケア製品を変えながら使用していく事が基本。

なので意外とスキンケアって自分で選ぶのが大変なんです。。。(^^;

 

【保湿する】という1つのテーマでも、

水分を入れるべきなのか?

バリアの機能を高めるために油分をあたえるべきなのか?

季節、肌質【スキンタイプ】、年齢によって

保湿するの為のスキンケア方法は大きく変わっていきます。

*この難しいお悩み解決には、サロンにて『肌分析カウンセリング』にてその方の肌に合わせたスキンケアの方法をお伝えしています。

 

 

まずは、冬という季節のテーマにそったスキンケアとしてどの方にもおススメしたいのは、

絶対的クリームを塗るです!!!!
『水分をいれてクリームでふたをして!』

乾燥対策を、パック、化粧水、美容液で行っていても、せっかくのつけた有効成分は
水分であれば肌の深部に届く前にフタをしてあげないと蒸発していってしまうのです。
*イメージはぬれたタオルも冬場の暖房が効いた部屋におくとすぐに乾いてしまいますよね。

 

 

なので肌が喜ぶカサカサ肌改善ケアは!

水分を肌にたっぷりと与えたら

すぐにクリームを塗りましょう。

まずはここから意識してみてください。

 

 

クリームの形状は水分を固形上にしているので、水分蒸発をせずに肌表面に有効成分を置いておく役目をしてくれます。
なので時間をかけて肌の届きたい部分に水分と栄養を与えてくれますよ。
今あるお化粧品の使い方を変えるだけで肌が変化することが出来るんです。

 

 

ぜひ、冬の乾燥対策をご自宅にてやってみてください。

肌の健康のためにお役に立てれば幸いです。

関連記事

  1. エイジングケアにもなる『正しい頭皮ケア』

  2. 寒い季節の乾燥→敏感を改善する方法

  3. 肌をトリートメントすると心が安らぐ理由は“皮脳同根”

  4. 大人の美肌ケアに重要な『スキンケアの考え方』

  5. 一年通して日焼け止めが必要な理由

  6. お肌の老化原因・対策